• 1口1000円からのバイナリーオプション一銭の値動きで利益が出る。お得なキャンペーン実施中!

「だまし」

 

どうも、
そろそろ少し難しい話をしていきたいと思います。
今まで、多くのテクニカルを学んできましたが、実際、その通りに為替が動くなんて事はありません。

それが「だまし」です。

だまし(fakeouts)
とは、テクニカル分析において売買サインが出たものの、相場はそのサインとは全く逆方向に動いていく事を指します。

例えば、上昇している時にゴールデンクロスが現れたのに相場が下がったというような場合がそうです。
通常なら買いのチャンスなので、
ロングポジションエントリーをしたくなるところですが、
いざ買いとなると急降下したり、
下止まりしたからとショートエントリーすると急上昇したりというというのがだましのパターンとなります。
「テクニカル分析をしていれば、だましはないのでは?」
と思われるかも知れませんが、どんなトレーダーであっても、相場においての“だまし”を100%回避することはできません。

では、なぜ回避できないかですが、ゴールデンクロスで例えてみましょう。
ゴールデンクロスになりそうだと買いのボリュームが増えます。
そして、実際にゴールデンクロスになると、すでにゴールデンクロスを予想してその手前で買い、売り場を探しているトレーダーの売り注文を待ち構えているという状態となり、この時に“だまし”が出現してしまうわけです。

いずれにせよ、単純にゴールデンクロスとデッドクロスだけを頼りに売買するのは危険です。
例えば、テクニカルチャートで買いだと判断しても、
実際に買う時には急降下しているというのは、
チャートの値動きがテクニカル指標に現れるのが遅いという遅効性があるからです。

この遅効性をなくすために、指標日数を少なくすれば確かに気にならなくはなりますが、1日のデータ比重が大きくなるため、かえってだましが多くなってしまいますので注意が必要です。