• 1口1000円からのバイナリーオプション一銭の値動きで利益が出る。お得なキャンペーン実施中!

「移動平均線」

移動平均線は、一定期間の終わりの平均値をつなぎ合わせて線にしたもののことをいいます
広く世で使用されており、重要なチャート上の場面では度々機能することも多くチャート分析のためのテクニカル指標の中ではまず最初に知っておくべきものです。

というのも、移動平均線を使用しているトレーダーは非常に多く存在するため移動平均線と株価によってこれまで生まれてきた法則は機能するものが多いからです。

まずは、移動平均線を理解するためには、移動平均線がどのように作成されるのかを知っておいてください。ここでは日足の移動平均線である5日移動平均線の作成のされ方をご説明いたします。一種類でも移動平均線の作成の仕方をおぼえれば、他の種類の移動平均線へと応用が効きます。

5日移動平均線とは、直近5日間の終値の平均値を1日ずつずらして繋げて作成された線のことです。といっても、言葉だけだとまったくわからないと思いますので実際に作成してみましょう。

ある株式の7営業日分の終値が次の通りだったと仮定します。

 

1日 100円
2日 110円
3日 115円
4日 120円
5日 115円
6日 120円
7日 130円

 

1日目の100円から5日目の115円までの5つの数値の平均値をまずは算出すると、112円となります。その5日間の平均値である112円を5日目に点として配置します。ここにおいて移動平均線のスタート地点が作成されましたね。

この要領で1日ずつずらしながら同じ作業をしていきます。

2日目から6日目までの終値の平均値を算出すると、116円となります。これを6日目に点として配置して、前日の平均値112円と繋げるとようやく線ができます。

以上の作業を繰り返して移動平均は作成されます。当然チャート上では自分で作成する必要はなく、コンピュータが自動で計算して作成してくれますので、面倒な作業をする必要はありません。

ここまできて、はじめて移動平均線が作成されます。

直近の5日間を平均することで今の株価が強い動きをしているのかどうかを確認するための線である、ということがわかったでしょうか。

それでは実際にチャートを見てみましょう。

ローソク足に絡むように線が配置されています。ただ漠然とチャートで移動平均線を眺めるより、直近○日間の平均を今の株価は上にあるのか、下にあるのかと確認しながら取引に利用していくのが、移動平均線のもっとも基本的な使い方です。